多くのテクノロジー企業はベトナム フショア開発を実施しています。
IBM、Intel、Samsung、Foxconnなどの世界の 流テクノロジー企業はベトナムにR&D センターを設立しています。東芝、 立、NEC、NTT、野村総合研究所などの くの日本企業もベトナムオフショア 開発を選択しています。

ベトナムでの海外展開の理由

ベトナムオフショア開発に携わる多 の優秀なIT人材


ベトナムの年少人口は70%、生産年齢 人口は45%です。

総合統計局によると、ベトナムの生 年齢人口は2016年に5,445万人、2019年に 5,577万人に達し、現在もなお上昇傾向 にあります。これは、ベトナム総人 の約半数が仕事に従事しているとい ことを示しています。

2020年のベトナム情報通信技術白書の 計によると、下記のように述べられ ています。

ベトナムには情報技術(電気通信) 分野において活動している企業が85,0 00社以上あります。
4つの集中情報技術パークがあります
100万人以上の労働者がハードウェア ソフトウェア、デジタルコンテンツ びITサービスなどの分野で働いてい す。
158の大学はIT、電気通信及びネットワ ーク情報セキュリティを専門として ます。
毎年IT専門の卒業生が55,000人います。
これは、ベトナムの労働力とIT市場が 非常に豊富であることを示していま 。

ベトナムオフショア開発がコスト面 最適な理由
Markets Insiderによると、ベトナムは「2019年世 界でアウトソーシングするのに最高 国」のランキングで5位にランクされ ています。2019年度時点で、ベトナム 労働単価は、日本の人月単価の約40 で、インドや中国、フィリピンに比 べても低い傾向にあります。

また、多くのベトナムITソリューショ ンプロバイダーは現在、AI、ブロック チェーン、IoTなどの新しいテクノロ ーの研究開発に注力しています。従 て、ベトナムはコスト削減と最先端 のテクノロジーを求めている企業に って理想的な国です。
https://luvina.net/vietnam-software-company-d88



ベトナムの安定した政治情勢とベト ムオフショア開発への優遇政策
IT業界の発展は、工業化・近代化を目 指すベトナム政府の政策になってい す。そのため、ベトナム政府は人材 IT技術インフラの開発への投資に重 を置いています。日本市場に向けた ベトナムオフショア開発も日本市場 けの人材が豊富で、安定した予算が 保されています。IT企業向けの優遇 策には、業績が黒字になってから、 最初の4年間は免税、つまりソフト ェア製品の付加価値税(VAT)が0にな るなどがあります。

多くのテクノロジー企業はベトナム フショア開発を実施しています。
IBM、Intel、Samsung、Foxconnなどの世界の 流テクノロジー企業はベトナムにR&D センターを設立しています。東芝、 立、NEC、NTT、野村総合研究所などの くの日本企業もベトナムオフショア 開発を選択しています。


ベトナムオフショア開発:チャンス 課題
ベトナムオフショア開発にはどんな ャンスと課題があるのか?本記事で 調べください!
ベトナムオフショア開発にはどんな ャンスと課題があるのか。これは情 技術(IT)のリソースやサービスを す際に、多くの企業が疑問に思うこ とです。近年、ITインフラと人材の質 が急成長し、ベトナムはアウトソー ングの分野においてインドや中国に いつき、IBM、Intel、Samsung、Canon、Fuji tsu、Foxconnなど、世界中の多くの大企 を誘致してきました。本記事ではベ トナムオフショア開発のチャンスと 題について詳しく分析します。
luvina.net